第6回音声ドキュメント処理ワークショップ開催案内

音声ドキュメント処理ワークショップは,音声データを文書として扱う技術の開発を目的に,平成19年2月より年1回のペースで開催して参りました.これまで,音声ドキュメントの収集・分析・認識・検索・言語モデル・コンテンツ化・応用システムなど多岐にわたる多数の発表が行われ,本分野の発展に寄与してきました.また,情報検索評価型ワークショップNTCIRでは音声ドキュメント検索タスクSpokenDocが実施され,音声データを対象とした検索の研究が活性化しています.第6回ワークショップを以下の要領で開催致しますので、奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます.

  • 日 時: 2012年3月2日(金)、3日(土)
  • 場 所: 豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センターマルチメディア教室
  • 交通案内 (公共交通機関をご利用の場合は、豊橋駅東口2番バスのりばより「技科大前」、「りすぱ豊橋」または「福祉村」行にご乗車ください.)
  • 主 催:
    • 情報処理学会SLP研究会音声ドキュメント処理ワーキンググループ
    • 豊橋技術科学大学メディア科学研究会
  • 参加費: 無料
  • 特別講演:

那須川哲哉氏(日本IBM)

「テキストマイニング:テキスト化された音声データによる価値創出の可能性」(仮題)

発表プログラム:

3月2日(金)

12:55-13:00 挨拶

13:00-14:30 音声ドキュメント処理

文レベル情報と複数仮説を用いた音声認識結果の自動整形の評価

○藤井康寿, 山本一公, 中川聖一(豊橋技科大)

 

トピック適応言語モデルを用いたトピック推移の解析

○新家太桜, 長谷川貴一, 竹原正矩, 関谷英樹, 田村哲嗣, 速水悟(岐阜大)

 

テレビ字幕を利用した番組検索向け発話者アノテーション

○山室慶太, 伊藤克亘(法政大)

14:40-15:40 特別講演

テキストマイニング:テキスト化された音声データによる価値創出の可能性(仮題)

那須川哲哉氏(日本IBM)

15:55-17:55 音声検索語検出(1)

放送大学の講義音声を対象とした高速キーワード検索の性能評価

○勝浦広大, 桂田浩一, 入部百合絵, 森本容介, 辻靖彦, 青木久美子, 新田恒雄(豊橋技科大)

 

複数音節の事前検索結果を利用した音声中の検索語検出の高速化

○斉藤裕之, 伊藤慶明, 小嶋和徳, 石亀昌明 (岩手県立大), 田中和世 (筑波大), 李時旭(産総研)

 

音声ドキュメントの音響情報セグメント量子化を用いた音声検索語検出

○松永徹, 趙國, 山下洋一(立命館大)

 

部分距離空間上の索引を用いたSTDにおける距離順計算の厳密化と非直線検出への拡張

○金子泰輔, 秋葉友良(豊橋技科大)

18:00-20:00 懇親会

3月3日(土)

9:15-10:45 音声検索語検出(2)

音節継続時間を利用した直線検出に基づくSTD手法

○大野徹平, 秋葉友良(豊橋技科大)

 

複数音声認識システムを併用した音節n-gram索引による検索性能の改善

○岩見圭祐, 山本一公, 中川聖一(豊橋技科大)

 

音声中の検索語検出における検出誤り抑制パラメータの検討

○古屋裕斗, 名取賢, 西崎博光, 関口芳廣(山梨大)

11:00-12:30 検索

STDに基づく未知語に頑健な音声ドキュメント検索法

○瀧上智子, 秋葉友良(豊橋技科大)

 

ベイズリスク最小化に基づく音声入力型情報検索のための単語重要度の自動推定

○古谷 遼, 七里 崇, 南條 浩輝, 松尾 宏規, 西田 昌史, 山本 誠一(龍谷大)

 

音声入力による図柄パターン検索を用いた描画ツール

○鈴木 教子, 相川 清明(東京工科大)

13:30-15:30 音声認識・言語モデル

英日同時通訳音声の音声認識

○大村絵梨, 南條浩輝(龍谷大)

 

Automatic transcription of TED Talks

○Welly Naptali, Tatsuya Kawahara (Kyoto University)

 

Webデータから抽出したスタイル依存テキストを用いた中国語自由発話言語モデルの構築

○胡 新輝, 松田繁樹, 柏岡秀紀(情報通信研究機構)

 

整形された書き起こしからの整形・非整形部分の自動検出

○太田健吾, 土屋雅稔, 中川聖一(豊橋技科大)

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-07 (火) 17:42:01 (2112d)